いちご狩りと故郷

ずっと彼女と2人でいちご狩りに行きたいねと話していたのに色々と予定通りにはいかずひと月近く行かなかったブログ更新日の今日この頃。

 

実は前日まではどこのいちご狩りに行こうねと約束していたにも関わらず前日の夜に急遽ドライブ出来なくなり彼女に謝りました。でも電車で行けて尚且つ予約なしでも可能な農園を検索して発見。予約なしだしホームページを見ると混雑予想となっていたので朝一じゃないときついよと彼女と相談しながら寝たのは多分お互いに真夜中の2時以降^^; 

 

早朝6時頃に目を覚ましスマホを見ると彼女から集合時間を確認するLINEが来ていたので支度して私はすぐに出発。彼女の地元駅に向かいつつ彼女とやりとり。

 

私が彼女の地元駅に着き降りる事なく彼女にも乗ってもらい2人でいざ出発。といっても彼女が乗車して来たのは私のいた付近のドアの一つ隣だったので私もそちらに移動する形で。平日の通勤ラッシュの時間だったので彼女に後ろにいるよとLINEしても動けず次かその次の駅で漸くちゃんとした集合w

お互い朝ご飯を食べていなかったけど混雑すると思い彼女の案内で横浜駅でJR線から京急線に乗り換えて移動。目的地は私が探しましたが京急線については彼女の方がよく知っているのでお任せです(笑)道中金沢文庫や追浜や横須賀中央など知っている事の話を2人でして堀ノ内で乗り換えて津久井浜駅に下車。

f:id:mayoinekoark:20170422234107j:image

津久井浜駅からは徒歩で移動し高校や畑などののどかな風景を観ながら目的地の『津久井観光農園』さんに到着(=´∀`)人(´∀`=)

 

津久井観光農園』さんは朝9時からの受け付けで10分ちょっと早く着きまだ私達以外のお客さんは来ていない様子でしたがすぐに車で他のお客さんも来始めて2、3分ですが早めの受け付けを開始してくれて代金を支払い案内された3号農園まで移動。

f:id:mayoinekoark:20170422234228j:image

早速渡されたチケットを従業員さんに渡してトレーを受け取りハウスの中へ。混雑する予想とホームページに掲載されていましたが流石に朝一なので車で私達を抜かした2、3組しかおらず苺がたくさん🍓✨  彼女と2人で同じレーン?で移動しながら赤くて大きい苺を探して見つけたら食べてを繰り返しとても幸せ❤️

 f:id:mayoinekoark:20170422234418j:image

彼女が私より先に進んでいて時々大きくて美味しそうな苺を見つけると名前を呼んでくれて私にもくれて嬉しかったな♪(この記事を書いている今も思い出しながら笑顔をなってるはず😊)

やっぱり美味しいもぎたての苺はそのままですごく美味しくて、20分位経過して観光ツアー等の他のお客さんが多くなり大きい苺が少なくなって来てからトレーの中の練乳を使い始めました。そうして制限時間の30分が経過してご馳走様をして外に出て手を洗いいちご狩り終了です🎶  

そして受け付けまで戻り送迎バスを待ちつつ彼女とこの後の予定をどうしようかと相談しながら乗車して津久井浜駅戻りました。

 

ここまで来たので三崎口に行くのも良かったですがまだ寒い時期なのでやめて目的地は彼女の第2の故郷の浦賀へ決定・:*+.*1/.:+  私間違って行ったことくらいしかないから楽しみです笑 もちろん今回も彼女の案内で乗り継ぎ移動。

 

駅前のスーパーマーケットになんとなく寄り道してから駅前のバスターミナルに行き『鴨居・かもめ団地・観音崎方面』へ乗車。私は超眠くて途中意識を飛ばしつつも彼女に色々と車内から観える風景について説明してもらって目的地のかもめ団地で下車。

f:id:mayoinekoark:20170422234537j:image

私はずっと前から団地が好きで彼女に教えてもらった時からどうしても1度は来たかったので念願叶いました笑 日本の団地は場所によって規模も形も様々な面で違っていてフィールドワークするのに本当に楽しいと思ってます。 しかも彼女は今の自宅も団地でなんという羨ましさ✨ 少し団地散策をしただけでもここは集合団地なのに様々な形の棟があり観ていてとても楽しい(*´ω`*) 団地のすぐ前が防波堤と言うことも聞いていたのでそちらにも行ってみました。

f:id:mayoinekoark:20170422234806j:image

防波堤の方はしっかりと整備されていて遊歩道は道路より高い位置にあり手摺付きで正午前でしたが地元の方々が歩いている姿も見受けられました。実は消波ブロックも大好き(大好物)で以前彼女に聞いていた消波ブロックを作っている場所も教えてもらいました。いつか製作してる時に遭遇できないかな♪(※ちなみにテトラポットは不動テトラという会社の商標登録された製品なので消波ブロックの全てがテトラポットではないからね。更に言うとaikoさんの歌う曲は『テトラポッド』です笑)

f:id:mayoinekoark:20170422234856j:image

この辺りからは対岸には千葉県の房総半島も観えたり船も多く見えたりして益々素敵に感じました。

 f:id:mayoinekoark:20170422234928j:image

団地の周りを防波堤沿いに歩いた後は団地のほぼ真ん中に位置する広場に移動。途中で一つの棟により通路の写真をパシャリ📷 ワンフロアまるまる繋がっている通路にいかにもという雰囲気を感じて好き♪

 f:id:mayoinekoark:20170422235058j:image

団地のほぼ真ん中に位置する広場には昔を感じる酒屋さんに床屋さん?(美容室?)、ヤマザキYショップがあり広場を挟んで反対側には第2診療所。近くには大きめの第1診療所もありました。

 f:id:mayoinekoark:20170422235117j:image

そして彼女がよく遊んだと言っていたたこさんすべり台も行ってみました。『たこさんすべり台』は何度か見かけた事はありだいたいは赤くて全体的に外に拡がっているフォルムのイメージでしたが、かもめ団地の『たこさんすべり台』は写真のようにピンク色ですべり台部分が6箇所もある私的初見タイプ🐙 もちろんたこさんの鼻?も脚もすべり台ですし後ろ側からたこさんの脚の下に続くすべり台もあったりなどどれも傾斜が急で子供の頃に1度はやるであろう定番のすべり台を下から登ってくるとかは想像できなそう。彼女と私以外いなかったのでチャレンジしてみましたが大人の体格と力があるからなんとか出来たのであって私が子供だったらまず無理と言い切っちゃいます(でも友達の誰か1人でも出来ていたら私もしたくなって出来るまでチャレンジしてそう笑)

 

団地に着いてから50分位彼女の案内で色々と歩き回り楽しんだ後はこれまた彼女に聞いていた観光名所?に行ってみたくて手を繋ぎながらお散歩。スマホの地図アプリで見た感じバスで行くのかなと思っていましたが「よく歩いて行った」と彼女が言うのでせっかくだし綺麗な海岸沿いを見たかったので歩いていくことになり嬉しくなりました♪ 

 

歩き始めてから10分ほどしたところでランチ営業をされているカフェを見つけたので少し寄り道。朝からいちごしか食べていなかったのと目的地まで食事するところが他にあまりないらしいので行くか考えている彼女に「ご飯食べたいなら今食べよう」と促して食事していくことに。

 

今回お邪魔させていただいたのは『ダイニングカフェ 風』さんです。店内に入り2組しか先客はおらず好きな所に座ってくださいと言われたので海が目の前に見えるカウンターに並んで座りました。

f:id:mayoinekoark:20170423004838j:image

メニューが思ったより種類豊富にあった事とランチメニューもそれなりにいい感じで第一印象はいい感じかな。2人でメニューを一通り見て食べたい物が一致(=´∀`)人(´∀`=) せっかく海沿いに来ているんだから同じの注文して私が食べたいサイドメニューも1つ追加しました。

 f:id:mayoinekoark:20170423004935j:image

いただいたのは地魚のお刺身定食とジャーマンチーズ。先にジャーマンチーズが出て来た時にチーズの匂いが強くて彼女があまりチーズが好きじゃない事を思い出し申し訳なかったです。でも作りたてで溶けていたので彼女も食べる事が出来て良かったです(次からは気をつけよう(>_<))。

f:id:mayoinekoark:20170423005028j:image

定食は揚げ物も副菜なども美味しく良かったですが鮪が少し血なまぐさい感じがあって残念でした。 でも好きな人と2人で海を見ながらご飯食べれるってとても幸せな事だよね♪

 

f:id:mayoinekoark:20170423005052j:image

食後は2人で道を外れて沿岸沿いをのんびりと歩きながら進んでいきとても楽しかったです。好きな人が生きてきた好きな場所を知れて教えてもらって案内してもらいながら笑いながら楽しみながら実感出来るってとてもすごい事。

f:id:mayoinekoark:20170423005324j:image

そして岩場の方へ歩いて行くとあさりを採っている女性に遭遇して少しだけお話を聞きました。昔ほど取れないけどこの辺も取る事が出来て探すのが楽しみらしくそしてお家に帰って自分で採った物を食べるのがいいらしいです。それってすごくいいよね^ - ^

f:id:mayoinekoark:20170423005344j:image

2人で気をつけながら岩場を歩いて潮溜まりにお魚さんを見つけたりしながら楽しんで本来なら10分位の鴨居港を1時間近くかけて楽しんで進みすっごいいい思い出。去年三浦海岸行ったのも楽しかったけどもっと良かった✨f:id:mayoinekoark:20170423005225j:image

観音崎大橋の下を歩きながら綺麗な貝を探したり水切りをしたりして進み上に上がれない事を知り来た道を戻り大橋の隣の一般道に出て進みたたら浜に到着^ - ^

f:id:mayoinekoark:20170423095631j:image

本来の彼女に教えてもらっていた私が行ってみたい目的地はもう少し先ですがこちらも十分過ぎるほど素敵な景色ですし漸くついたので一息つく事にしました。

f:id:mayoinekoark:20170423095655j:image

岩場の上で彼女の後ろ姿を撮り展望園地と呼ばれる広場でにゃんこさんと交流して人懐っこくて可愛かったなー🐱

f:id:mayoinekoark:20170423095710j:image

そうそう、ここまでもですが彼女と手を繋ぎながら海沿い歩くって心満たされる感じで本当に良いよ(°▽°) 実は付き合い当初の最初の頃とか夏とかは私と手を繋ぎでも私汗ばんだりするから実は抵抗があったりしたんだけど今は寒いしなによりも彼女の事を離さずに存在感じられるからとても好きな事の1つです❤️

 

休憩もしたので目的地である観音崎灯台に向かうのかなと思っていましたが、まだここからは距離があるらしくここまで歩いてくるのに彼女は少しお疲れの様子ですし彼女自身は何度も行ったことあるのでやめる事にしました。行きたいという気持ちがなかったといえば嘘になるけど、私にとっては彼女といれる事の方が大事だしずっと一緒にいるのだからくるチャンスはまたあると思うのでどんまい、つーか気にならない😆👍🏻

 f:id:mayoinekoark:20170423095734j:image

代わりに彼女にお勧めしてもらった観音崎自然博物館に行って来ました。観音崎の海に関する資料がたくさんあり水槽には実際に生息している生物がいて、触れ合いコーナー?ではヒトデや海鼠に触れて楽しかったです笑

 

f:id:mayoinekoark:20170423095755j:image

ここまで朝からずっと行動しっぱなしで流石にお互い疲れて来たので同じ敷地内の隣の建物にある『レストランマテリアル』さんで休憩タイム🍰☕️ 彼女はガトーショコラで私はりんごのタルトをチョイスしてどちらも美味しかったです。

実は浦賀に着いた時から彼女はお婆ちゃんにずっと連絡をしていて今なら自宅にいるという事でまさかの行く事に。うーん🤔、もしかしたらと思っていたけど本当に会いに行っていいのかと戸惑い。でも彼女がお婆ちゃんに会いたがっているし、私も彼女のお婆ちゃんもお互いに会ってみたいというのはあったので先ずは行動してみました笑

 

彼女と先程より潮が満ちている事を実感しながら来た道を戻り先程よりかなり早くかもめ団地の方に到着。ちゃんと貝殻柄探しもして水切りもね^ - ^

 

そして団地が見えてきてちょっぴりの緊張感。見ず知らずの年長者の方と話すのは好きですが彼女の親戚って事になると流石にどうなるのか考えちゃうし胸の中がぐるぐるしてきます🌀

でも実際にお伺いさせていただくといなかったです(°_°) あれ?どこか行かれたのかなと彼女と話し少しだけ探してみる事に。改めて電話したらすぐに戻ってきてくださるという事なので彼女と一緒向かい遂に初対面。

あがっていいかすら分からないというか戸惑っていたけどお呼ばれされたので上がらせていただきご挨拶をして座り色々とお話タイム。ご飯は事前に遠慮していたのですが流れでいただいていくことになり申し訳なく思いつつもとても嬉しかったです。お寿司の出前を取っていただき届くまでお家にあったおかずを食べていて私的に好みの味付けで素直に美味しかったです。そしてお寿司を食べテレビのニュースを見ながら談笑。

以前彼女にお婆ちゃんが私と付き合ってから彼女自身がいい方向に変わったって言ってたよと聞いていたけど実際に彼女のお婆ちゃんの口からその話を聞けてすごく嬉しかった。多分緊張とか色々な感情で分かりづらかったと思うけど心の中はぽかぽかになっていたんです♪ 

そしてお伺いさせていただいてから2時間くらい経ってから帰るバスの時間を調べて19時前に出ました。

 

本当にありがとうございました。ご相伴になりとても楽しくて嬉しくてまた会いに行ってみたいです。

 

団地の外のバス停に着きバスで浦賀駅まで戻り取り敢えず横浜方面へ。

彼女のお婆ちゃんが帰りにカフェかどこか寄ってから帰るのと言っていたのでどうするか2人で話して彼女の提案でちょっと違う場所に寄り道。

彼女にお婆ちゃんについてどんな印象だったと聞かれたので思ったこと伝えてみたら彼女も楽しそうでした。彼女の会話によく出てくる彼女のお婆ちゃんは実際に会うと彼女の事がとても可愛いんだろうなというのが伝わってきました。そしてそんな彼女もお婆ちゃんの事が大好きというのが間近で見て肌に感じるくらい伝わってきてほっこりしたというのが私なりに思った事です。

 

そしていつも通り彼女を地元の駅まで送り届けて解散。今日は1日ありがとう🤗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1: °ω°