パスと三崎

多分タイトルだと絵文字使えないから『×』だけど本当は『🙅🏻(パス)』です。パスなのは本当は連日のデートだけど1日目は書く理由はないのかなという事と、一応振り返った時に連日デートしたという事を思い出せるように足跡を残す為の意味合い。

簡単にいうとお昼頃からデートしてのんびりしてご飯食べたというそれだけ。でも問題だったのは〆の晩御飯。彼女と私の渋谷での晩御飯の定番のもんじゃ焼き『マスダ亭』さんに行ったらなにもかもが酷くてもう行くことはないのでは?と思う程に最悪でした。もんじゃ焼きは4種類頼んだから全て水分量がバラバラで3回目に食べた物以外失敗作の水っぽいどろどろなん固まらなかったお好み焼きのようで、接客態度も最低限以下。行くのはお勧めしません。思い出すだけで嫌な気分(ㆀ˘・з・˘)

 まぁ、そんなわけで端折りました。

 

さあさあ楽しかったデートを書いていこう❤️

 

正午より少し前の遅めの待ち合わせ。目的地は決まっていて日曜日なら早朝の方が堪能出来たと思いますが普通に平日なのでのんびり出発。

彼女を迎えに行く前に少しだけ寄り道をしてとあるキャンペーンが行われていた『サーティワンアイスクリーム』を食べました🍨

 

その後車で彼女を迎えに行き目指すは神奈川県の前足🐕 ドライブ中彼女が通り道で「ここ知ってる」と言っていて少しだけ思い出話してくれました。

 

目的地に着く少し手前のファミリーマートさんで彼女と2人でそれぞれ飲み物とお菓子を購入。私のお菓子は眠くなった時用の眠気覚ましなんだけどね笑

 

そして目的地の『三崎港』に到着しました⚓️

ずっと彼女が海に行くのと釣りをしたいと言っていて予定していたのです。数日位前に海釣りさせてもらおうと予定していたお店が定休日だったのは残念(´;ω;`) でも彼女も私も海鮮が食べたいので行動あるのみ。

 

車を停めて最初に来たのは『三崎フィッシャリーナ・ウォーフ うらり』さんの産直センター。

 三崎といえばマグロが有名で一年を通してマグロ商品が数え切れないほどあり冷凍マグロ・マグロふりかけ・まぐろコロッケ・まぐろおにぎり等此方に来れば一通り鮪系は揃いそうな勢いです。

 f:id:mayoinekoark:20170702111539j:image

鮪系のみではなくご当地グルメ?系もしっかりも兼ね備えてあり横須賀 海軍ラムネやよこすか海軍カレーラムネなども販売中。 こういうの見るとひと時ブームを起こしいまだに毎年東急ハンズ辺りで見かけるわさびやたこ焼き等罰ゲームにしか使い道が浮かばない危険系ご当地ラムネを思い出します。 

軽くお土産を見てから外に出て昼食を食べるお店を探す事にしました。

 

f:id:mayoinekoark:20170702111743j:image

サザエ等の貝が沢山入っている籠が所々にあり目に付きますが何に使うんだろう?ƪ(˘⌣˘)ʃ 貝殻から着色料みたいの作ったりオブジェや飾りにするのかそのまま処分してしまうのかな。

 

 f:id:mayoinekoark:20170702112022j:image

三崎公園。三崎港のほぼ入り口と言える場所にある公園ですが公園というよりは交番🚓とバス停🚏ここで遊んでいる子っているのかな?遊んでいても危ないから駄目よと言われそうだよね笑

 

f:id:mayoinekoark:20170702112118j:image

うらりさんの近くには美味しい海鮮(主に海鮮丼多め)が頂けるお店が何店舗かあるので周囲を散策。三崎公園前には主に冷凍マグロや生の貝類などを販売しているお店もあり覗いてみたり、裏通りに行って隠れた名店みたいのないかな?と探したりしてみました。

私は三崎港には何度か来たことがあるので彼女にお店の前の商品の写真が載ったパネルを見てもらい行きたいお店を決めてもらって決定。

 

f:id:mayoinekoark:20170702112139j:image

今回は『鮪料理 三崎海楼』さんに行って来ました。時間的にお昼のピーク時を過ぎていてしかも平日なので他にお客さんはいなくて個人的にはラッキーかな✨ 三崎港も観える2階に案内してもらいもちろん窓側のテーブル席で。 遊覧船が見えるくらいでしたがやっぱり海を眺める事が出来るのは素直に嬉しいな😊

 f:id:mayoinekoark:20170702112233j:image

本まぐろ赤身・うに・めばち 丼。

彼女はイクラが好きじゃないので同じ値段の丼ぶりの具のめばちに変更してもらいました。柔軟に対応してくださるのはありがたいです^ ^ 本まぐろ赤身より弾力のあるめばちとシンプルに美味しいうにがいいですね。

 f:id:mayoinekoark:20170702112302j:image

海楼丼(本まぐろ赤身・中とろ・びんとろ)

私は三崎なので折角なら鮪を堪能しようと思い鮪三昧なこちらで。赤身は脂が少なく比較的淡白な味わいで中とろは赤身と脂身のバランスが丁度良くて美味しくてびんとろはとろける様な食感でした。

 f:id:mayoinekoark:20170702112335j:image

まぐろの胃袋・角煮・塩辛。

海楼丼に付いてきた珍しい鮪料理。胃袋はミミガーみたいな食感で角煮はそのまんまで塩辛はいかと違いコリコリした食感ではなく単に固めでした。1度に鮪を6種類も食べれる三崎すごい☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

食後は車に戻り城ヶ島へ移動。城ヶ島大橋は通行料が普通自動車でも往復で150円という破格の安さ。しかも徒歩、自転車なら無料というなんとも良心的な価格で上手い具合にこちらから払いたくなります(゚∀゚) ほんとは歩いてここからの風景観るのが好きだったりします。高所恐怖症だけど自然を感じれる場所だと全然怖くなくてむしろ好きな位だったりします。

f:id:mayoinekoark:20170702115043j:image

城ヶ島第二駐車場か第一駐車場に車を駐車して城ヶ島の南岸にあたる岩礁地帯の方へ歩いて行きいざ海へ。

 f:id:mayoinekoark:20170702113438j:image

人口とは無縁の風景が広がるこちらは開発される事がなくいつ来ても変わることの無い風景で波の音はするけど静かで落ち着かというか穏やかな気分になります(*´ー`*)

 f:id:mayoinekoark:20170702113924j:image

端っこまで歩いて行き崖の下覗いてみたら自然だからコンクリートジャングルの高い所よりは怖くないけどやっぱりちょっと怖かったです。その気はないけど自然の力強さにのみ込まれそう。

 

f:id:mayoinekoark:20170702114031j:image 

下を覗いた場所から横を観てみるとこちらも凄い。写真は実際に観るのと違い雰囲気があまり伝わらないと思っている私だけどこれは迫力が分かるんじゃないかなと思う程広大で強いと思うの。

 f:id:mayoinekoark:20170702114315j:image

そして魚釣りは出来なかったので2人で磯で蟹釣りを開始で🦀🎣  彼女的にはどの辺にいるのかは分かるそうなので初心者の私は取り敢えずついて行きました。まあ簡単に言うと潮溜まりや岩の隙間のいました。映像とかでは見ていたけど本当にこういう隙間にいるものなんだとちょっと新鮮な感じでした。でも流石にその辺にある枝などではなかなか食らいついて(むしろ挟みつくって言った方がいいのかな?でもそんな言葉あるのか?笑)くれませんでした。

f:id:mayoinekoark:20170702113250j:image

なので餌を買いに駐車場付近まで戻り近くにあったお店で『烏賊の天日干し』と別のお店で小さなバケツを購入し再び海岸へ。

 

烏賊を裂きながら2人で永遠と根気よく蟹さんを見つけてはちょっとずつ引っ張り上げたりして楽しかったです。でもなかなか自分達のところまでは上がってきてはくれなくて場所を変えながら2時間近くやって彼女が1匹だけ釣れていました。これが経験者と初心者の差なのかな?笑

f:id:mayoinekoark:20170702114701j:image

15時半頃を過ぎてくると徐々に満ち潮になってきて一気に足場が減り始めて少し前にいた場所が既に海面に沈んでいて気をつけていたけど波にやられて2人とも足元が普通に濡れました〰 私はズボンの膝下が半分より下くらいまでで彼女はしゃがんで蟹さんを釣っていた時だったのでスカートが濡れてその部分だけ完全に変色状態( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

 

潮も満ちてきて十分楽しんだので16時を過ぎた頃に撤収し次なる目的地へ移動。行きも思ったんだけど三浦は『ガスト』と『ステーキガスト』が道路挟んで向かい合っていてなんか不思議で面白く感じました。もう事業撤退したけど『おはしカフェ ガスト』もあったらその日の気分に合わせてって感じでいいのになと思いました♪

車で移動すること40分位で次の目的地に到着🚗

 

f:id:mayoinekoark:20170702115255j:image

カフェ&レストランマーロウ秋谷本店さん。言わずと知れた神奈川県の有名プリン店の本店🍮がこちらです。写真は帰りに撮ったので夜です笑 せっかくこちら方面に来るなら車でもないとなかなか行く事が出来ないであろう本店に連れてきてあげたかったのです。

 f:id:mayoinekoark:20170702115314j:image

店舗前からの1枚。丁度夕暮れ時の海だったので撮らないと勿体無いですからね(*´꒳`*) ✨

本店では食事も可能ですが今回はデザートで♪ プリンが有名ですが本店ではケーキもあってそちらも美味しいです。

 f:id:mayoinekoark:20170702115544j:image

プリン・ア・ラ・モード。プリンは選ぶ事も可能ですが彼女は王道の王様プリンをチョイス。食用の鬼灯を始めキウイ・オレンジ・いちじく・栗・梨の赤ワイン煮の果物にビスコッティ・ベイクドチーズケーキが乗っていて私もこちらにすれば良かったなと少し思ったり(*´Д`*)

 f:id:mayoinekoark:20170702115559j:image

おまかせプリン(2種類)。欲張りな私は1度に2種類を味わえるこちらで。1つは『あずきプリン』で他のに比べると滑らかさがなく重めの食感と風味で程よく小豆らしさを残している印象。もう1つは『エスプレッソプリン』はその名の通りの味わいで安定した美味しさ。梨の赤ワイン煮はアルコールを飛ばしつつもしっかりとした風味がありなんとなく食感も風味も大人な印象。しゃきしゃき食感のルバーブと栗さん。

 f:id:mayoinekoark:20170702115630j:image

今回案内されたのは窓際の席でこの写真は17時50分頃の物。夕暮れ時の富士山が隙間からその姿を覗かせてくれてなかなかに綺麗に観えて思わず1枚。

 

お店を18時過ぎに後にして帰路に着いて彼女をお家へ送り届ける為に再び車で移動🚗 1時間位で彼女の地元に到着。夜ですが彼女と私的にはまだ帰るには早いので2人で寄り道して満足して解散❤️

 

今日もありがとう。