読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きていてくれてありがとう。

本当にありがとう。先ずはごめんねと謝らなくちゃいけないのにそれ以上に生きていてくれた事にありがとうと心から感謝の気持ちを君に伝えたい。
 
内容は明かせない、正確には明かしたくない。でもこの場を使って改めて彼女への感謝と謝罪を伝えたい。
 
付き合ってから初めて彼女と喧嘩?のような事をした。喧嘩というほど直接的なものではなく意見のすれ違い、或いはボタンの掛け間違えとでも言うべきなのだろうか・・・
 
きっかけがどちらという問題でも一方が悪いという事ではなくお互いが駄目だったんだと思う。彼女が意地悪な事を言い私がムキになった。
 
彼女が相思相愛だから言いたい事は我慢も遠慮もしないで言ってくれるのに私がどうしても躊躇しがちで素直になりきれない所為。
彼女がいつもマイペースで私を首長族か気長族の長老にでもしそうなのと気まぐれに振り回したり少し試すような事を言う所為。
 
お互いの意思で会いたいと思っていたはずなのに彼女の言葉で私の気持ちは一方通行と言われた気がした。そうじゃないと理解しているつもりでも彼女に予定を合わせていたその時の私にとっては理性より感情が勝って本当の気持ちとは逆の言葉を紡いだ。
ただの友達や知人なら怒れば済むけど彼女にはそうではなかった。怒れなかったわけではなく怒る以上の形として逆の感情が表れた。
 
彼女はは私にとって今まで1番最愛の人なんだもの。理性より感情が勝るのは普通だと思う。恋愛だから今までの経験以上により人を好きになるのが普通なのかも知れないけど彼女に対してはそういうのは関係なくなんというか唯一無二の存在とでも言える位好きな感情がある。

 

だからそこ出来なくなることもある。好きだからこそ嬉しいこと許せることがある。好きだからこそ我慢できないこと悲しくなることがある。最愛なら尚更で今回は完全に後者。

 

私って好きな事にはとことん盲目的になってしまうタイプでましてや今の彼女さんは後にも先にもこれ以上ないって言いきれるくらい好きで愛してるからそうなってしまうんだよ。

 

そんな感じで本気でショック受けた。どの位かと言われると急激にストレス感じて胃が痛くなり食べ物は喉を通らなくなるくらい。

 

彼女は用事が終わり連絡を取ってきたけど私はしたくなかった。普段私は怒らないからその分怒ると恐いと言われる。なら今回もの凄くショック受けてストレス溜まった状態で彼女に対してどうなるかなと考えたら想像出来ない。
だから会いたいと言われて私も会いたくても耐えた。本当は彼女の地元の公園にでも行って頭冷やそうかななんて思っていたけど会ったら自分が怖いから違う好きな公園に行きました。

 

帰り道電話が掛かってきて驚いた。ぶつけそうになって自分が嫌になって耐えて不完全燃焼して気持ちを押し殺して彼女だけに言いたいこと言わせて終わり。彼女は彼女なりに見抜いていたようだけど・・・

 

その日の夜私は少しだけ自分の気持ちをSNSに書いた。彼女も見ている私のSNS。書かないとやっていられなかった、書かずにはいられなかった。

 

次の日彼女は過去に戻りました。

 

悲しくて辛かくなによりも私は最低最悪だ。
彼女にもう過去と同じ行動をさせたくなく共に生きようと誓ったのに私がさせてしまったこと。
そしてそこまで追い詰め傷つけた私が。

 

謝り続けた。夜話すとしていた私の気持ちを打ち明け、もう同じ事はしないとお互いに約束した。

 

その日帰り道2人でいつもの場所までなにも話さず離れる事も近づく事もなく無言で歩いた。

最初の一言やなにを話せばいいんだろうとずっと考えていたけど結論なんて出なかった。謝ることはもちろん今までのことこれからのこと話すべきことは幾らでも出てくる。

 

とても長いけど今となっては一瞬の道なり。

 

いつもの場所に着いて最初に口にしたのは『ごめんなさい』と『別れよう』。

女の子を傷つけたこと以上に最愛の彼女を心身共に傷つけた自分が許せなかった。責任取って一生かけて償っていく選択もあるのに一緒にいてはいけないと私といたら思い出してしまうとそう思ってしまった。そこにはもちろん私自身が弱くて逃げようとしていた面もある。

 

でも彼女は離れて座った私を無言で呼び寄せてくれて抱きしめてくれた。
我慢出来なく涙した。
彼女の方が辛いのにどうにもならなくてちゃんと言葉に出来たのか分からないままひたすら泣きながら謝った。

 

本当は謝ること以上に生きていてくれてありがとうという感謝と安堵が勝っていました。
もう大切な人を誰1人失いたくない。あの日と同じ思いはしたくない、なにより彼女にはさせたくない。
失う気持ちはとても辛いが、残してしまう気持ちも辛い。

 

彼女が今回の事があってそれでも私といてくれるといたいと言ってくれた。私だって本当は誰より彼女のことが最愛で大切で一緒にいたいんだ。

 

だったら私の取る行動は一つ。
彼女と私の心の従い一瞬たりとも離れず共に歩き共に生きる。

 

私は彼女が大好きです。貴女を心から愛してます。