読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとう^ - ^

珍しくなに一つ予定ない暇な日(一応あったけど今月中ならいつでもok)と思いきや・・・
2日程前に彼女にランチに誘われました。彼女は今日は夕方からのお仕事ですが朝のみ予定がありお仕事まで暇とのこと。なので誘われたら即答どころか迷惑じゃなければ朝の用事も同行するか確認してついて行っちゃいました(笑)( ̄▽ ̄)

先ずは・・・起きない。うん、もう全くという位モーニングコールしても反応なし。どうしても行かないと行けない用事だし前日の様子からしても起きれないと思ったのでモーニングコールすることになってましたが15分位で6回も電話しても既読も返信もなく体調不良かなと心配で電話もう辞めようかなと思いました。でも10分位してから申し訳ないと思いつつもかけてみたら繋がったので一安心。

8時過ぎに彼女の地元駅で合流してから桜木町で乗り換えて大船方面へ。

最寄り駅に着いてから目的地まで歩いて移動して受付。予約をしていたのに30分くらい遅れていましたが彼女と2人なので私は気にしないです。もちろん本当は彼女同様に2人っきりになれたら最高なんですけどね(=´∀`)人(´∀`=)

結局用事が約2時間程かかって終わり駅に戻り桜木町へ移動🚃

昨日の夜に桜木町でパフェも食べることを決めていたのでご飯も桜木町でランチすることになっていて事前に決めてランドマークプラザ1階へ。

f:id:mayoinekoark:20160309103951j:image
今回は親子丼ということで鶏三和 横浜ランドマーク店さんへやってきました。ちょうどお昼時ということでお持ち帰りも店内も混んでいましたが回転率がよく数分で入ることが出来ました。
彼女は香草美水鶏の親子丼で私は香草美水鶏の鶏かつ丼。初めてみた梅干し付き。
f:id:mayoinekoark:20160309104002j:image
折角なら名古屋コーチンでいいと思っていましたが彼女は名古屋コーチンをよく知らなかったそうです。優しい子だからお値段も気にしてたのかな。 お味は甘めでしっかりと鶏の食感もあり卵もとろとろで美味しい。お口直し?の梅干しがありがたいです。

食べ終わった後はお腹いっぱいで同じ1階の広場に移動して休憩。2人で色々な話したな。途中胸が痛くなって抑えたら心配してくれてた。どうしても向こうの影響でそういう風になっちゃうし出来れば心配させたくないけど素直にそういう彼女の優しさが嬉しい。いつもありがとう。

多分30分くらいしてから桜木町駅へ移動。目的のお店は駅のショッピングモール CIALにはいっていますが位置が分かりづらくてsoup stock tokyoさん等には行っても知らないと素通りしてると思います。

f:id:mayoinekoark:20160309110851j:image
横浜水信さんへやってきました。多分『すいしん』さんって読まれる方が多いと思いますが『みずのぶ』さんです。フルーツソースやコンポート等も販売しているお店で本店は確かジョイナスにはいっていたはず。
f:id:mayoinekoark:20160309112631j:image
彼女はいちご星人なのでもちろん悩むよね。だからいちごのパフェ2種類にいちごサンドウィッチの豪華絢爛🍓×🍓×🍓
f:id:mayoinekoark:20160309114342j:image
"あまおう"のサンドウィッチ。普段フルーツサンドは食べるけどいちごのみとかは食べないので心躍る♪ ちょっと食べづらかったけどシンプルな美味しさがいいね。
f:id:mayoinekoark:20160309114355j:image
いちごハーフは季節毎にいちごが変わる小さめサイズのパフェで上に大きないちごが乗っていますがサンドウィッチ食べてる間に落ちちゃいました笑 いちごのシャーベットは濃くて酸味もそれ程強くなくバランスいい食べやすさ。
f:id:mayoinekoark:20160309114413j:image
"あまおう"のパフェは既に今年食べたことあるけどやっぱり大きめ。彼女曰く落下を気にしないで気を使わないで食べれるところがいいらしいです。フルータスさんやゴトーさんじゃこうはいかないもんね。いちごを堪能できて最後はいちごのゼリーが入っていて2人ともゼリーが好きなので嬉しいな^ - ^

横浜水信さんの後は少しだけ桜木町で休憩してから彼女の地元駅へ行き川辺でのんびりと。何故かずっと私達の前を鯉が何匹も泳いでいて餌欲しかったのかな。
離れがたくて予定よりのんびりとしてから2人で職場の方へ行き彼女はお仕事で私はショッピングで解散👋🏻

いつもありがとう、ありがとうばかりでレパートリーがないけど本当に思っているんだ。 君がいるから君に出逢えたから私は生きる希望見つけられたんだもん。