幸せ感じる♪


付き合う前は彼女が『何日は暇なんだ〜。』ってそういう風に遠回しに言い私が勇気をだして誘うスタイルだったけど今はお互いに直接誘いあってる。付き合ってるわけじゃないしそんなに相手してもらったら申し訳ないと思ってたからかなり頑張ったんだよ(笑) 今回は彼女が、次の日は私から誘っていてこうやって素直に言えるのってとても幸せ♡ ありがとう。
本文書いてないのにもうお礼言ってるなんてなんか変なの(笑) でもすごい幸せなんだもん。いつまでも君と一緒にいたいです、願わくばこの気持ちが私だけじゃなくお互いであり、今だけじゃなくいつまでも続きますように🙏🏻

では本文開始♪

この日は第3木曜日でもうそろそろ100回を迎える新宿のトークショーに行こうと早番にしていましたが彼女に誘ってもらったのでもちろんデート♡ 

彼女がもんじゃ焼き食べたいと言っていて私もたこ焼き・お好み焼き・広島焼きにもんじゃ焼きも好きなので行ったことがないと言っていた月島に行ってきました🚃

私もちょっと連れて行ってもらったことがあるだけなのでどこが美味しいとかは詳しくないので2人でもんじゃストリートのと西仲通り商店街を行ったり来たりして色々なお店を見て彼女の直感というか行きたいと思ったところに行きました。
f:id:mayoinekoark:20160221092204j:image
今回はおかめ総本店さん。店内はかなり広くてサラリーマンさんやカップルさんや友達で来ている方も沢山いました。まずは2人でカシスオレンジを注文してもんじゃの選び。今回は普通のもんじゃと海鮮もんじゃにお餅をトッピング。
私は自分で作ったことなかったのでへたっぴでごめんなさいm(_ _)m 海鮮は美味しく食べたいのでお店の方に頼んで作ってもらい美味しかったです♪
f:id:mayoinekoark:20160221100702j:image
2つ食べてから彼女がまだ食べれると言っていたのでコーンのもんじゃにベビースタートッピングを注文。彼女はお家でも作ることがあると言っていて私よりはるかにお上手で素直に感心(笑)

彼女と飲むのはこれで3回目。まだ回数的には少ないしそんなに2人とも飲めないけど2人でお酒飲んで当たり前に楽しめるのってすごく嬉しい。お酒のおかげだけではないけど最初よりお互いに素直に名前呼んだり笑ったり好きって言ったり出来るこの時間は誰にも譲りたくないしなにものにも代え難い私の宝物✨

もんじゃ焼きのあとは目黒に移動して果実園リーベルさんへ。
本当に毎回パフェばかり食べてるなと改めて思うけど2人ともいちご大好きで美味しいし今はいちごのベストシーズンだからどんまい(=´∀`)人(´∀`=)
店内の雰囲気は普段行くパフェが美味しいお店とは違いレストラン的な感じなので彼女は最初ちょっとだけ狼狽えてる感じでしたが1人じゃないから大丈夫だよね♪ メニューの豊富さに結構悩んでいたね♪
f:id:mayoinekoark:20160222170527j:image
あまおうのパフェはどれだけいちごを使用すればいいんだと毎回慄くほどで彼女は当然びっくりしてくれていて可愛かったです。1つ1つがジューシーで他店じゃあまり見ないチョコソースがけなのでそこもポイント。
f:id:mayoinekoark:20160221101238j:image
2人で来たしあまおうのパフェは既に今年食べたので私は珍しくパフェではなくあまおうのタルト。自分で頼んだことなかったのですが改めて見るとすごいボリュームでびっくり‼︎ 美味しいけどやっぱりパフェの方がコスパあってると思う(苦笑)
f:id:mayoinekoark:20160222171110j:image
私もフルーツジュースは好きだけど1人だと普段は頼まないのです。でも彼女はとても好きで毎回頼む?って聞くと頼んでいてそのおかげで私も飲めるからありがたいです。今回はミックスジュースとキウイジュース。ミックスジュースは何が入っているか聞き忘れましたがバランスがよくとろみあり。キウイは酸味がはっきりとあるけど飲みやすく美味しかったです。
御会計の際に彼女がここは私が「全部出すね」と言ってくれて遠慮しましたが来る前から決めていたらしく毎回私が出していたら幾ら彼女でも遠慮してしまうと思ったので御言葉に甘えました。 私は彼女が彼女だから奢ってもらうっていう考えの持ち主じゃないと知っていたけど改めて優しい子なんだと思いました。ありがとう。

リーベルさんを閉店より少し前に後にしめ彼女をいつも通りに地元のバスターミナルまで送り届けてまた明日(=゚ω゚)ノ
それと毎回私が自分の地元の方が近い場合でも遠い場合でも関係なく必ず彼女を地元まで送り届けることを受け入れてくれていて嬉しかったな。態度で察していても言葉で直接聞けるのはもっと嬉しいだよ。 なんといっても君と君の存在を感じる時間は私の宝物なんだから当然だよ。